dosc
  
      
  • gdosch1301563353.jpg

 
      
  • gdosch1300950451.jpg

 
      
  • gdosch1300950451.jpg

 
      
  • gdosch1299980479.jpg

 
      
  • gdosch1299980479.jpg

 
      
  • gdosch1299980265.jpg

 
      
  • gdosch1299980265.jpg

 
      
  • gdosch1299980003.jpg

 
      
  • gdosch1299980003.jpg

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 64. 三ツ井崇 (2010)

  • gdosch1292817006.jpg

    三ツ井崇『朝鮮植民地支配と言語』(明石書店、2010年)
    ISBN: 978-4750333182 本体5,700円 +税

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 63. 戸邉秀明 (2010)

  • gdosch1292817188.jpg

    安丸良夫・磯前順一(編)
    『安丸思想史への対論
    ――文明化・民衆・両義性』(ぺりかん社、2010年)
    4800円+税、ISBN978-4-8315-1261-1
    戸邉秀明「戦後史学史のなかの安丸民衆史
    ――ある全体性のゆくえ――」

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 62. 三原芳秋 (2010)

  • gdosch1291870901.jpg

    酒井直樹・磯前順一(編)
    『「近代の超克」と京都学派-近代性・帝国・普遍性』(以文社、2010年)
    定価:3,600円+税 ISBN 978-4-7531-0285-3 C0010

    ゴウリ・ヴィシュワナータン(三原芳秋訳)
    「近代との格闘-ジェイムズ・カズンズと日本・インド・脱植民地化の文化」

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 61. 三原芳秋 [洪宗郁訳](2010)

  • gdosch1289115130.jpg

    渡辺直紀・黄鎬徳・金応教(編)
    『전쟁하는 신민, 식민지의 국민문화』
    〔戦争する臣民、植民地の国民文化〕(ソミョン出版)
    ISBN:978-89-5626-480-6
    金額:32,000ウォン

    三原芳秋「崔載瑞의Order」(韓国語・洪宗郁訳)

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 60. 戸邉秀明(2010)

  • gdosch1288915240.jpg

    黒川みどり(編著)『近代日本の「他者」と向き合う』(解放出版社、2010年)
    定価:3,800円+税 ISBN978-4-7592-4123-5 C0021

    戸邉秀明  第8章「「残留者」が直面した境界の意味
    日本占領期在九州沖縄人の声を紡ぐ」

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 59. Sebastian Conrad(2010)

  • gdosch1288915150.jpg

    Sebastian Conrad, Globalisation and the Nation in Imperial Germany
    (Cambridge: Cambridge UP, 2010)
    ISBN: 9780521763073 £55.00

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 58. 平野千果子(2010)

  • gdosch1288915029.jpg

    『思想』(岩波書店)、no.1037、2010年9月号

    平野千果子「フランスにおけるポストコロニアリズムと共和主義
    ──植民地史研究の地平から──」

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 57. Sebastian Conrad(2010)

  • gdosch1288914945.jpg

    Sebastian Conrad

    The Quest for the Lost Nation:

    Writing History in Germany and Japan in the American Century

    (University of California, 2010)

    ISBN: 9780520259447, $39.95

    出版社の紹介はこちら

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 56. 洪宗郁(2010)

  • gdosch1273729413.jpg

    石井知章・小林英夫・米谷匡史編
    『一九三〇年代のアジア社会論――「東亜協同体」論を中心とする言説空間の諸相』
    (社会評論社、2010年)
    ¥2,800+140 ISBN: 4784505903

    洪宗郁「転向から考える植民地・近代・アジア:
    解放前後における印貞植の実践を中心に」, pp.315-47

     

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 55. 板垣竜太、洪宗郁、三ツ井崇(2009)

  • gdosch1265283858.jpg

     

    油谷幸利先生還暦記念論文集刊行委員会(編)『朝鮮半島のことばと社会―油谷幸利先生還暦記念論文集』(明石書店、2009年)ISBN 978-4-7503-3089-1、15,000円+税

    板垣竜太「戦時体制下ソウルの職工日記(1941年)について」、pp.558-593洪宗郁「植民地朝鮮の「転向」に関する序説」、pp.618-48三ツ井崇「没主体的「東洋」像の形成―近代日本における東洋史学の形成と「言語」「地理」言説」、pp.649-78

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 54. 平野千果子(2009)

  • gdosch1264562584.jpg

    『思想』(岩波書店)2009年5月号(no.1021)平野千果子「交錯するフランス領アフリカとヨーロッパ」、pp.178-199

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 53. 永渕康之、水谷智(2010)

  • gdosch1264496551.jpg

    アン・ローラ・ストーラー(永渕康之、水谷智、吉田信訳)

    『肉体の知識と帝国の権力

    ―人種と植民地支配における親密なるもの』(以文社、2010年)

    ISBN978-4-7531-0275-4、定価3,990円

    [Japanese translation of Ann Laura Stoler, Carnal Knowledge and Imperial Power:
    Race and the Intimate in Colonial Rule (Los Angeles: California UP, 2002)]

    【以文社による紹介はこちら

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 52. 板垣竜太、岡本真希子(2010)

  • gdosch1264496415.jpg

    『思想』(岩波書店)2010年1月号(no.1029)
    「「韓国併合」100年を問う」

    板垣竜太「日韓会談反対運動と植民地支配責任論―日本朝鮮研究所の植民地主義論を中心に―」、pp.219-238
    岡本真希子「植民地期の政治史を描く視点について―体制の内と外、そして「帝国日本」―」、pp.119-137

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 51. 峯陽一(2009)

  • gdosch1262429462.jpg

    レナード・トンプソン(宮本正興、吉國恒雄、峯陽一、鶴見 直城訳)
    『南アフリカの歴史  最新版』(明石書店、2009年)
    ISBN 978-4-7503-3100-3、8600円+税

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 50. 平野千果子(2009)

  • gdosch1262429419.jpg

    駒井洋、江成幸 (編) 『ヨーロッパ・ロシア・アメリカのディアスポラ』(明石書店、2009年)
    ISBN 978-4750330952、5000円+税

    平野千果子「第I部 第4章 フランス植民地帝国と離散
    ―帝国からフランコフォニ―へ?」、pp.95-107

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 49. 三原芳秋(2009)

  • gdosch1260083698.jpg

    『みすず』 (2009年12月、no.578)

    ゴウリ・ヴィシュワナータン(三原芳秋訳)

    「否認の原理・下」pp.36-44

    Japanese translation of

    Gauri Vishwanathan, “Chapter Two: A Grammar of Dissent”

    in her Outside the Fold: Conversion, Modernity, and Belief

    (Princeton UP, 1998)

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 48. 三原芳秋(2009)

  • gdosch1260083595.jpg

     『みすず』 (2009年11月、no.577)

    ゴウリ・ヴィシュワナータン(三原芳秋訳)

    「否認の原理・中」pp.20-39

    Japanese translation of

    Gauri Vishwanathan, “Chapter Two: A Grammar of Dissent”

    in her Outside the Fold: Conversion, Modernity, and Belief

    (Princeton UP, 1998)

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 47. 三原芳秋(2009)

  • gdosch1260083535.jpg

     『みすず』 (2009年10月、no.576)

    ゴウリ・ヴィシュワナータン(三原芳秋訳)

    「否認の原理・上」pp.8-21

    Japanese translation of

    Gauri Vishwanathan, “Chapter Two: A Grammar of Dissent”

    in her Outside the Fold: Conversion, Modernity, and Belief

    (Princeton UP, 1998)

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 46. 長谷川一年(2009)

  • gdosch1260083385.jpg

    トニー・ジャット(土倉莞爾、長谷川一年、渡辺和行、神垣享介訳 )

    『知識人の責任―ブルム、カミュ、アロン』(晃洋書房、2009年)

    (Japanese translation of Tony Judt, The Burden of Responsibility:

    Blum, Camus, Aron, and the French Twentieth Century [1998])

    ISBN 978-4-7710-2062-7、2900円+税

     

     

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 45. 平野千果子(2009)

  • gdosch1260083268.jpg

    廣田功(編)『欧州統合の半世紀と東アジア共同体』(日本経済評論社、2009年)
    ISBN 978-4-8188-2053-1、本体3800円+税

    平野千果子「第8章 統合ヨーロッパの中の植民地
    ―1930年代フランスとユーラフリカ」、pp.155-64

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 44. 三ツ井崇(2009)

  • gdosch1260083207.jpg

    三ツ井崇「「言語問題」からみた朝鮮近代史」、pp.285-306
    『中国21』(東方書店)、vol.31(2009年)
    ISSN 1342-8241、2000円+税

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 43. 北村嘉恵(2008)

  • gdosch1260082967.jpg

    北村嘉恵『日本植民地下の台湾先住民教育史』
    (北海道大学図書刊行会、2008年)

     ISBN 978-4832966888、6400円+税

     

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 42. 峯陽一(1996)

  • gdosch1260082817.jpg

    峯陽一『南アフリカ―「虹の国」への歩み』(岩波書店、1996年)

    ISBN 4-00-430473-3、定価680円

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 41. 平野千果子(2009)

  • gdosch1244175540.jpg

    西川長夫・高橋秀寿『グローバリゼーションと植民地主義』

    (人文書院、2009年)

    定価2,800円+税、ISBN 978-4-409-24081-6

    平野千果子「フランスの事例にみる「植民地忘却」を考える

    ―『<新>植民地主義論』を手がかりに」(pp.63-78)

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 40. 平野千果子(2009)

  • gdosch1240399733.jpg

    永原陽子(編)『植民地責任論』(青木書店、2009年)

    ISBN 978-4-250-20907-9  定価4,800円+税

    平野千果子「「人道に対する罪」と「植民地責任」

    ―ヴィシーからアルジェリア独立戦争へ」(pp.66-100)

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 39. 三原芳秋(2006)

  • gdosch1237013456.jpg

    エドワード・サイード 『故郷喪失についての省察(1)』

    (みすず書房、2006年)

    定価[本体]¥4,500  ISBN: 978-4622072034

    (共訳)三原芳秋

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 38. 長谷川一年(2008)

  • gdosch1237013308.jpg

    「クロード・レヴィ=ストロース」

    『思想』 No.1016 (2008)

    長谷川一年「レヴィ=ストロースとゴビノー

    ―レイシズムをめぐって」(pp.209-228)

     

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 37. 岡本真希子(2008)

  • gdosch1237013094.jpg

    呉密察主編『帝國裡的「地方文化」:皇民化時期臺灣文化状況』

    (播種者出版、2008年12月)

    ISBN: 9789576966446 値段:350(台湾)元

    岡本真希子「1940年代前半期之臺湾總督府官吏

    -内地人高級官吏、台湾人官吏與下級職員」 267-361頁

    購入はこちら

     

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 36. 岡本真希子(2008)

  • gdosch1237013047.jpg

    国史館台湾文獻館編『第5届臺湾總督府檔案學術検討會論文集』

    (国史館臺湾文獻館、2008年)

    ISBN: 9789860161786  値段:400(台湾)元

    岡本真希子「日治時期在臺湾法院的『通譯』-

    従『臺湾總督府公文類纂』人事關係檔案看臺日籍通譯」

    (日本統治時代台湾の法院における『通訳』たち-

    『台湾総督府公文類纂』人事関係書類から見る台湾人/内地人『通訳』)

    153-174頁

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 35. 板垣竜太(2008)

  • gdosch1237012949.jpg

     徐勝、黄盛彬、庵逧由香編

    『「韓流」のうち外:韓国文化力と東アジアの融合反応』(2008年)  

    定価:2940円(本体2800円+税) ISBN:978-4-275-00552-6

    板垣竜太「<嫌韓流>の解剖学:

    現代日本における人種主義-国民主義の構造 」, pp.99-113.

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 34. セバスチャン・コンラッド・水谷智(2009)

  • gdosch1237012888.jpg

    (eds.) H. Fischer-Tine & S. Geherman

    Empires and Boundaries: Rethinking Race, Class, and Gender in Colonial Settings

    (New York and Oxford: Routledge, 2009)

    定価 £65.00  ISBN 978-0-415-96239-1

    Sebastian Conrad, ””Education for Work” in Colony and Metropole:

    The Case of Imperial Germany, c.1880-1914′ (pp.23-40)

    Satoshi Mizutani

    ‘Contested Boundaries of Whiteness:

    Public Service Recruitment and the Eurasian and Anglo-Indian Association, 1876-1901′ (pp.86-106)

    出版社による詳細情報はこちら

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 33. 戸邉秀明(2006)

  • gdosch1237012831.jpg

    大門正克(編)『昭和史論争を問う』(日本経済評論社、2006年)

    定価 本体3,800円+税 ISBN 4-8188-1873-9

    戸邉秀明 「昭和史が生まれるー1950年代における史学的文脈の再定位」(pp.47-80)

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 32. 松久玲子(2007)

  • gdosch1237012752.jpg

    牛田千鶴『ラテンアメリカの教育改革』(行路社、2007年)

    定価[本体]¥2,100  ISBN: 978-4-87534-407-0 c3036

    松久玲子 第5章「メキシコ革命期の女子教育とジェンダー規範の形成:

    「母の日」と1920年代女子教育をめぐって」, pp.83-100.

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 31. 松久玲子(2002)

  • gdosch1237012697.jpg

    松久玲子(編)

    『メキシコの女たちの声―メキシコ・フェミニズム運動資料集』

    (行路社、2002)

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 30. 三原芳秋(2006)

  • gdosch1237012511.jpg

    大橋洋一(編)『現代批評理論のすべて』(新書館、2006年)

    定価 本体1,900円+税 ISBN 4-403-25087-4

    三原芳秋

    「T.S.エリオットの批評」(pp.16-17)

    「エリオット」(p.161)

    「エンプソン」(p.180)

    「スピノザと文学理論」(p.175)

     

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 29. 板垣竜太(2003年)

  • gdosch1237012426.jpg

    白石孝、小倉利丸、板垣竜太(編)

    『世界のプライバシー監視社会』(明石書店、2003年)

    定価 本体2,200円+税 ISBN 4-7503-1749-7

    板垣竜太「帝国の臣民管理システム

    ―過去と現在」(pp.67-92)

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 28. 水谷智(2009)

  • gdosch1220341214.jpg

    (eds.) Ashwini Tambe and Harald Fischer-Tine, The Limits of British Colonial Control in South AsiaーSpaces of Disorder in the Indian Ocean Region (Oxford & New York: Routledge, 2009)

    ISBN 978-415-45257-1 定価$150.00

    Satoshi Mizutani, ‘”Degenerate whites” and their spaces of disorder: Disciplining racial and class ambiguities in colonial Calcutta (c. 1880-1930)’, pp.155-191

    出版社による詳細はこちら。 

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 27. 三原芳秋(2007)

  • gdosch1220341162.jpg

    『現代思想』、vol.35-5(2007年4月) 

    三原芳秋「地図を描く」、p.230 

 
      
  • Books by DOSC Members No. 26. 長谷川一年(2008)

  • gdosch1220341060.jpg

    出原政雄『歴史・思想からみた現代政治』 (法律文化社、2008年)

    ISBN 978-4-589-03110-5  本体価格¥2,900

    長谷川一年、「新自由主義ー市場原理主義と国家の変容」、pp.3-34 

    出版社による詳細はこちら。 

 
      
  • Books by DOSC Members No. 25. 戸邊秀明/三ツ井崇(2008) 

  • gdosch1218785462.jpg

    日本植民地研究会編『日本植民地研究の現状と課題』(アテネ社、2008年)

    ISBN 978-4-900841-42-0 本体¥3,600

    戸邊秀明、第二章「ポストコロニアリズムと帝国史研究」、pp.55-88

    三ツ井崇 、第三章「朝鮮」、pp.91-119

    日本植民地研究会のHPに掲載の詳細はこちら。 

 
      
  • Publications by DOSC Members No. 24. 三原芳秋(2008)

  • gdosch1220518319.jpg

    『사이(SAI) 』 vol.4 (2008)

    三原芳秋、「崔載瑞のOrder」、pp.291-360

    ISSN  1975-7743 定価2,000ウォン

 
      
  • Publications by DOSC Members 23. 岡本真希子(2008)

  • gdosch1218785772.jpg

    岡本真希子『植民地官僚の政治史:朝鮮・台湾総督府と帝国日本』(三元社、2008年)

    ISBN 978-4-88303-220-4 本体価格¥13,000

    三元社による詳細説明はこちら。 

 
      
  • Publications by DOSC Members 22. 三原芳秋(2006)

  • gdosch1218785540.jpg

    三原芳秋、「終わりなき内戦ー中野好夫」

    『英語青年』(2006年11月号)、pp.456-8

    ISSN 0287-2706 定価¥1,200

     

 
      
  • Publications by DOSC Members 21. 三原芳秋(2006)

  • gdosch1218785577.jpg

    『現代思想』、vol.34-12(2006年10月臨時増刊)

    三原芳秋『ニオベーの涙ーバトラーとベンヤミンに関するメモランダム』、pp.152-7 

     

 
      
  • DOSC Seminar 12.:ジェンダーと「人種」 2008年7月6日 (Gender and ‘Race’)

  • タイトル:「メキシコ革命期におけるフェミニズム運動

         近代化思想としての優生学」               

         (The Feminist Movement during the Mexican 

         Revolution and Eugenics as a Philosophy

         of Modernization)

    発表者:松久玲子 (Reiko Matsuhisa)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

 
      
  • Publications by DOSC Members ⑳ 板垣竜太(2008)

  • gdosch1218785713.jpg

     金富子・中野敏男(編)『歴史と責任―「慰安婦」問題と一九九〇年代』(青弓社、2008年)本体価格2,800円 ISBN978-4-7872-3286-1 

    板垣竜太「脱冷戦と植民地支配責任の追及

    ―続・植民地支配責任を定立するために」

    (第3章13)

 
      
  • Publications by DOSC Members ⑲ 板垣竜太(2008)

  • gdosch1218785657.jpg

     

    板垣竜太『朝鮮近代の歴史民族誌:慶北尚州の植民地経験』(明石書店、2008年)定価6000円 ISBN4-7503-2792-1

    出版社による詳細はこちら

    金容権氏による書評(『図書新聞』[2008年7月26日、p.1])は、こちら

 
      
  • Books by DOSC Members ⑱ 有満保江(2008)

  • gdosch1220520746.jpg

     有満保江/ケイト・ダリアン=スミス(編)『ダイヤモンド・ドッグー≪多文化を映す≫現代オーストラリア短編小説集』(現代企画室、2008年)

    ISBN 978-4-7738-0804-9 本体価格¥2,400 

    常田景子氏による書評(『朝日新聞』、2008年、7月27日)は、こちら

    青山学院大学教授・富山太佳夫氏による書評(『毎日新聞』、2008年、8月24日)は、こちら

 
      
  • Books by DOSC Members ⑰ 有満保江(2006)

  • gdosch1220523724.jpg

    (eds.) Dennis Haskell, Megan McKinlay, and Pamina Rich

    Beyond Good And Evil?: Essays on the Literature And Culture of the Asia-Pacific Region 

    (University of Western Australia Press, 2006)

    ISBN 978-1920694630, $29.92 

    Yasue Arimitsu

    ‘Diaspora and Identity: 

    A Comparative Study of Brian Castro and Kazuo Ishiguro’

    詳細はこちら。 

 
      
  • Books by DOSC Members ⑯ 有満保江(2007)

  • gdosch1211014661.jpg

    竹田いさみ・森健・永野隆行『オーストラリア入門・第2版』(東京大学出版会、2007年)

    定価3,400円 ISBN978-4-13-003206-3

    有満保江、第2章1、2-(2)~(3), 3-(2)~(3) 

    【東京大学出版会による詳細説明はこちら

 
      
  • Books by DOSC Members ⑮ セバスチャン・コンラッド(2007)

  • gdosch1211013649.jpg

    (eds.) Sebastian Conrad and Dominic Sachsenmaier, 『Competing Visions of World Order: Global Moments and Movements, 1880s-1930s』(New York & Hampshire: Palgrave Macmillan, 2007)

    Sebastian Conrad (with D. Sachsenmaier), ‘Introduction’ (pp.1-25)

    Sebastian Conrad (with K. Muhlhahn), ‘Global Mobility and Nationalism: Chinese Migration and the Reterritorialization of Belonging, 1880-1910′ (pp.181-211) 

    【Palgrave Macmillanによる詳細説明はこちら

 
      
  • Books by DOSC Members ⑭ 長谷川一年(2008)

  • gdosch1211013165.jpg

    岡崎晴輝・木村俊道編『はじめて学ぶ政治学』(ミネルヴァ書房、2008年)

    本体2,800円 ISBN978-4-623-05054-3

    長谷川一年「多文化主義」(pp.206-217) 

    【ミネルヴァ書房による詳細説明はこちら

 
      
  • Books by DOSC Members ⑬ 長谷川一年(2006)

  • gdosch1211012456.jpg

    シティズンシップ研究会編、『シティズンシップの教育学』(晃明書房、2006年)

    定価2,500円 ISBN 4-7710-1723-9

    長谷川一年「多文化教育ー統合と多様性の間で」(pp.111-27) 

 
      
  • Books by DOSC Members ⑫ 板垣竜太(2007)

  • 板垣(2007).jpg

     

    『季刊・前夜』 第I期11号 2007年春 「特集・現代日本のレイシズム」 

    定価1,400円 ISBN 978-4-87714-366-4 

    板垣竜太 「マンガ嫌韓流と人種主義-国民主義の構造」(pp.20-34)

    板垣竜太、山口正紀、チョン・ヨンファン 「嫌韓流の何が問題か」(pp.35-45)

 
      
  • Books by DOSC Members ⑪ 平野千果子(2006)

  • 平野(2006).jpg

     

    『現代思想』 2006年, vol.34-3, 2月臨時増刊  

    「総特集・フランス暴動:階級社会の行方」

    平野千果子、鵜飼哲、なすび、森千香子 「共同討議:フランス暴動をどう見るか」 (pp.40-67)

     

 
      
  • Books by DOSC Members ⑩ 永渕康之(2007)

  • 永渕(2007).jpg 

     

    永渕康之 『バリ・宗教・国家―ヒンドゥーの制度化をたどる』(青土社、2007年)

    定価3200円 ISBN978-4-7917-6348-1 

    【青土社のHPによる紹介はこちら】 

    【山内昌之・東京大学教授による日経新聞書評(07年9月23日)はこちら

 
      
  • Books by DOSC Members ⑨ 永渕康之(1998)

  • gdosch1210135040.jpg

            永渕康之 『バリ島』 (講談社、1998年)

      定価660円 ISBN4-06-149395-7 

    【サントリー学芸賞受賞(詳細はこちら)】 

 
      
  • Books by DOSC Members ⑧ 戸邊秀明(2006)

  •  

    倉沢愛子他編 『岩波講座 アジア・太平洋戦争3:動員・抵抗・翼賛』(岩波書店、2006年) 定価3400円 ISBN4-00-010505-1 

    戸邊秀明 「転向論の戦時と戦後」 pp.307-334 

    【岩波書店による詳細説明はこちら

     

     

 
      
  • Books by DOSC Members ⑦ 板垣竜太/三ツ井崇(2007)

  • 板垣・三ツ井(2007).jpg

    田中宏、板垣竜太 編

    『日韓 新たな始まりのための20章』(岩波書店、2007年)

    定価1700円 ISBN 978-4-00-024244-8

    板垣竜太「<嫌韓流>の解剖ツール」(pp.2-15)

    板垣竜太「日本人と朝鮮人は平等だったか」(pp.38-43)

    三ツ井崇「日本人はハングルを広めたか」(pp.44-9)

    【岩波書店による詳細説明はこちら

    【 呉仲元氏(龍谷大学経済学研究科)

    による書評はこちら。】

 
      
  • Publications by DOSC Members ⑥ 水谷智(2005)

  • 水谷(2005).jpg 

    藤川隆男編 『白人とは何か?ーホワイトネス・スタディーズ入門ー』(刀水書房、2005年)

    定価2200円 ISBN 4-88708-346-7

     【刀水書房による詳細説明はこちら

    水谷智 「『白人であってそうでない』者たちーイギリスのインド支配と白人性の境界ー」 (pp.244-55)

     

 
      
  • Publications by DOSC Members ⑤ 戸邊秀明(2005)

  • 戸邊(2005).jpg

    現代史料出版、『年報・日本現代史』、vol.10(2005) 

    ISBN 4-87785-132-1 本体価格¥3,600

    戸邊秀明、「帝国後史への痛覚」、pp.23-33

    出版社による詳細はこちら。 

 
      
  • Publications by DOSC Members ④ 平野千果子(2005)

  • 平野(2005).jpg

     

    歴史学研究会編 『帝国への新たな視座ー歴史研究の地平から』(青木書店、2005年)

    定価3600円 ISBN4-250-20515-0

    平野千果子 「戦間期フランスと植民地ー帝国を移動する人びとー」 (pp.259-293)

    【青木書店による詳細説明はこちら

     

 
      
  • Publications by DOSC Members ③ 板垣竜太(2005)

  • 板垣(2005).jpg

     

    岩崎稔、大川正彦、中野敏男、李孝徳 編 

    『継続する植民地主義:ジェンダー/民族/人種/階級』(青弓社、2005年)

    定価3400円 ISBN 4-7872-3240-1

    板垣竜太「植民地支配責任を定立するために」(pp.294-315) 

 
      
  • Publications by DOSC Members ② 平野千果子(2002)

  • 平野(2002)jpg

    平野千果子『フランス植民地主義の歴史

    ー奴隷制廃止から植民地主義帝国の崩壊まで』(人文書院、2002年) 

    ISBN 4-409-511049-5 本体価格¥2,900 

    【人文書院による詳細説明はこちら】 

 
      
  • Publications by DOSC Members ① 有満保江(2003)

  • 有満(2003).jpg

    有満保江『オーストラリアのアイデンティティー:

    文学にみるその模索と変容』(東京大学出版会、2003年) 

    ISBN 4-13-086030-5 本体価格¥5,800 

    【東京大学出版会による詳細説明はこちら

 

All copyright reserved dosc  ログイン メンバー専用