dosc
  • DOSC Seminar 75.:シンポジウム「国内植民地の比較史」 2015年2月21~22日

  • 日時: 2015年2月21日(土)~22日(日)

    場所: 同志社大学今出川キャンパス・弘風館 K25

    第1日 2月21日(土)

    第1セッション 13:00~15:00

    報告者

     天野尚樹(北海道大学)

      植民地・辺境・国内植民地:近代サハリン島の歴史的経験

     崎山直樹(千葉大学)

      内国植民地からの脱却をめざして:近代アイルランドの苦闘と植民地近代性の罠

    司会:宇山智彦(北海道大学)

    コメンテーター:今西一(大阪大学)/冨山一郎(同志社大学)

    休憩 15:00~15:15

    第2セッション 15:15~17:15

    報告者

     中山大将(北海道大学)

     境界地域サハリン島:亜寒帯植民地樺太の移民社会形成解体史研究の位置と意義

     富田理恵(東海学院大学)

      ヘクターの国内植民地論:スコットランド史の観点から

    司会:秋田茂(大阪大学)

    コメンテーター:塩出浩之(琉球大学)/前川一郎(創価大学)

    第2日 2月22日(日)

    第3セッション 10:00~12:30

    報告者

     三木理史(奈良大学)

      帝国日本の植民地の地域性と樺太

     西山暁義(共立女子大学)

      連邦制国家の「直轄領」:ドイツ帝国とアルザス・ロレーヌ、1871~1918年

    司会:水谷智(同志社大学)

    コメンテーター:宇山智彦(北海道大学)/辛珠柏(延世大学)

    主催:科学研究費補助金(基盤研究A)「比較植民地史:近代帝国の周縁地域・植民地統治と相互認識の比較研究」(研究代表:宇山智彦)

    共催:科学研究費補助金(基盤研究A)「帝国日本の移動と動員」(研究代表:今西一)、DOSC(同志社植民地主義研究会)

      サハリン・樺太史研究会

    お問い合わせ:科研「比較植民地史」事務局 天野尚樹(amnk775@yahoo.co.jp)

All copyright reserved dosc  ログイン メンバー専用