dosc
  • DOSC Seminar 13.:植民地支配と医療・衛生 I. 2008年9月19日①(Colonial Rule and Medicine / Sanitation I.)

  • タイトル:「『帝国医療』と『国際保健』の間      

                -国際衛生会議と国際連盟保健機構」      

                (Between Imperial Medicine and International Health:         

                            The International Sanitary Conference and the WHO)

    発表者:脇村孝平(Kōhei Wakimura

    場所:同志社大学・クラーク記念館

    参考資料: 1. 脇村孝平「熱帯医療とマラリヤ研究      

                ―19世紀前半の英領インド―」

               『歴史学研究』vol.781(2003) 

             2. 脇村孝平「国際保険の誕生―19世紀におけるコレラ・

                パンデミックと検問題」             

                遠藤乾(編)『グローバルガバナンスの最前線』            

               (東信堂、2008

All copyright reserved dosc  ログイン メンバー専用