dosc
  • DOSC Seminar 8.:植民地支配と<伝統>の創造 II. 2008年04月12日②(Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ II.)

  • タイトル:「T.S.エリオット『伝統』論の

                帝国日本/植民地朝鮮における変容」

                (The Changing Reception of T. S. Eliot’s Idea of 

                 Tradition in Impeiral Japan / Colonial Korea) 

    発表者:三原芳秋 (Yoshiaki Mihara)

    場所:同志社大学・人文科学研究所 

    参考文献:三原芳秋、「崔載瑞のOrder

All copyright reserved dosc  ログイン メンバー専用