dosc
  • DOSC Seminar 48.:植民地主義と政治参加 III.2011年6月4日③(Colonialism and the Political Sphere III.)
  • 報告:
    許佩賢(台湾・国立台湾師範大学台湾史研究所副教授)
    「地方青年教師の政治参加の道-張式穀の軌跡を中心として」
    (地方青年教師的政治參加之路-以張式穀的軌跡為中心」)

    コメント:
    板垣竜太(同志社大學社会学科准教授)

    2011年6月4日(土)16:45~18:25 於:同志社大学 渓水館会議室

    [2011年DOSC+国立成功大學大學共同ワークショップ]

  • DOSC Seminar 42.: <比較>と<関係性>I. 2010年12月5日①(Comparison and Relationality I.)
  • 報告者:水谷智

    タイトル:「<比較>と<関係性>からみた植民政策論:

    東郷實の英領インド教育政策観を中心に」

    コメンテーター:駒込武

    場所:同志社大学・渓水館

  • DOSC Seminar 21.: 植民地支配と教育 III. 2009年1月18日(Colonial Rule and Education III.)
  • 日時:2009年1月18日(日曜日)
    発表者:杉山佳子(Yoshiko Sugiyama)
    タイトル:「フランス保護領チュニジアにおける学校:
    言語・宗教・地域社会」
    (Schools in Tunisia under French Protectorate
    Rule: Language, Religion, and Local Community)

  • DOSC Seminar 20.: 植民地支配と教育 II. 2009年1月17日②(Colonial Rule and Education II.)
  • 日時:2009年1月17日(土曜日)
    発表者:陳培豊(Chen Peifeng)
    タイトル:「東アジアの「同文」構造及び植民地統治下台湾の「同化」教育:
    「類似」と「差異」の観点から見た国語、文盲、漢文、階級」
    (The Structure of the ‘Same Script’ System in East Asia
    and the‘Assimilatonist’ Education Policy in Taiwan Under
    Colonial Rule)

  • DOSC Seminar 19.: 植民地支配と教育 I. 2009年1月17日①(Colonial Rule and Education I.)
  • 日時:2009年1月17日(土曜日)
    発表者:呉成哲(Seoun-cheol Oh)
    タイトル:「争訴地帯としての植民地教育―朝鮮人と普通学校」
    (Colonial Education as Contested
    Terrain: Koreans and Futsugakko)

All copyright reserved dosc  ログイン メンバー専用