dosc
  • DOSC Seminar 50.:植民地主義と政治参加 V.2011年6月5日②(Colonialism and the Political Sphere V.)
  • 報告:
    李承機(台湾・国立成功大學台湾文学系副教授)
    「植民地台湾社会のコントロールと心性-社会新聞に現れた公衆世論と道徳観」
    (「殖民地台灣的社會控制與心性:社會新聞中所呈現的公眾輿論與道德觀」)

    コメント:
    水野直樹
    (日本・京都大学人文科学研究所教授)

    2011年6月5日(土)10:35~11:55 於:同志社大学 渓水館会議室

    [2011年DOSC+国立成功大學大學共同ワークショップ]

  • DOSC Seminar 49.:植民地主義と政治参加 IV.2011年6月5日①(Colonialism and the Political Sphere IV.)
  • 報告:
    陳文松(台湾・国立成功大学歴史系助理教授)
    「日本統治期台湾社会の「言語越境学歴エリート世代」とその政治実践」
    (「日治時期臺灣社會「跨語學歷菁英世代」及其政治實踐」)

    コメント:
    若林正丈
    (日本・早稲田大学政治経済学術院教授)

    2011年6月5日(土)9:00~10:25 於:同志社大学 渓水館会議室

    [2011年DOSC+国立成功大學大學共同ワークショップ]

  • DOSC Seminar 48.:植民地主義と政治参加 III.2011年6月4日③(Colonialism and the Political Sphere III.)
  • 報告:
    許佩賢(台湾・国立台湾師範大学台湾史研究所副教授)
    「地方青年教師の政治参加の道-張式穀の軌跡を中心として」
    (地方青年教師的政治參加之路-以張式穀的軌跡為中心」)

    コメント:
    板垣竜太(同志社大學社会学科准教授)

    2011年6月4日(土)16:45~18:25 於:同志社大学 渓水館会議室

    [2011年DOSC+国立成功大學大學共同ワークショップ]

  • DOSC Seminar 46.:植民地主義と政治参加 I.2011年6月4日①(Colonialism and the Political Sphere I.)
  • 報告:
    呉密察(台湾・国立成功大学台湾文学系教授)
    「台湾領有初期の保良局-一度失敗した「共治」」
    (「領臺初期的保良局-一次失敗的「共治」)

    コメント:
    若林正丈(日本・早稲田大学政治経済学術院教授)

    2011年6月4日(土)13:15~14:45 於:同志社大学 渓水館会議室

    [2011年DOSC+国立成功大學大學共同ワークショップ]

  • DOSC Seminar 45.: 植民地支配と官僚制 III. 2011年2月23日②(Colonial Rule and the Beuracratic System II.)
  • タイトル:「日本統治下の台湾人巡査補をめぐる統合と排除-待遇と慰霊問題」
    報告者:岡本真希子
    日時:2011年2月23日
    場所:同志社大学人文科学研究所

  • DOSC Seminar 44.: <比較>と<関係性>I. 2011年2月23日①(Comparison and Relationality III.)
  • タイトル:「矢内原忠雄の植民政策論とシオニズム」
    報告者:役重善洋
    日時:2011年2月23日
    場所:同志社大学人文科学研究所

  • DOSC Seminar 43.: 植民地主義と<記憶> I. 2010年12月5日②(Colonialism and ‘Memory’)
  • タイトル「力道山という記憶の場:<比較>と<関係性>を考える一素材として」
    発表者:板垣竜太
    コメンテーター:中井義明
    場所:同志社大学・渓水館

  • DOSC Seminar 43.: 植民地主義と<記憶> I. 2010年12月5日②(Colonialism and ‘Memory’)
  • タイトル「力道山という記憶の場:<比較>と<関係性>を考える一素材として」
    発表者:板垣竜太
    コメンテーター:中井義明
    場所:同志社大学・渓水館

  • DOSC Seminar 42.: <比較>と<関係性>I. 2010年12月5日①(Comparison and Relationality I.)
  • 報告者:水谷智

    タイトル:「<比較>と<関係性>からみた植民政策論:

    東郷實の英領インド教育政策観を中心に」

    コメンテーター:駒込武

    場所:同志社大学・渓水館

  • DOSC Seminar 41.: 帝国以後の沖縄 2010年8月1日(Okinawa in Post-Imperial Japan)
  • 日時:2010年8月1日(日曜日) 10:00 ~ 12:00
    発表者:戸邉秀明 (Hideaki tobe)
    タイトル:「在日沖縄人」をめぐる制度と主体――占領期日本社会における「非日本人」化の意味」

    (The question of institution and subjectivity over ‘Resident Okinawans’: the meaning of their ‘de-Japanization’ in Japanese society under US military occupation )

  • DOSC Seminar 39.: 植民地責任論 I. 2010年7月31日(Debates on ‘Colonial Responsibility’ I.)
  • 発表日:2010年7月31日(土曜日)

    発表者:太田修(Ota Osamu)

    タイトル:「二つの講和条約と初期日韓国交正常化交渉における植民地主義」

    (Two Peace Treaties and Colonialism in the Early Phase of

    Japan-Korea Normalization Negotiations)

    場所:同志社大学人文科学研究所

  • DOSC Seminar 39.: 植民地責任論 I. 2010年7月31日(Debates on ‘Colonial Responsibility’ I.)
  • 発表日:2010年7月31日(土曜日)

    発表者:太田修(Ota Osamu)

    タイトル:「二つの講和条約と初期日韓国交正常化交渉における植民地主義」

    (Two Peace Treaties and Colonialism in the Early Phase of

    Japan-Korea Normalization Negotiations)

    場所:同志社大学人文科学研究所

  • DOSC Seminar 38.: 植民地の支配者社会 VII. 2010年4月11日(Colonial Communities VII.)
  • 発表者:岡本真希子

    タイトル:「「台湾同化会」事件と在台湾内地人-台湾人の政治参加をめぐる相剋-」

    場所:同志社大学人文科学研究所

  • DOSC Seminar 35.: 植民地主義研究の現状と課題 IX. 2010年1月9日②(The Current Situation and Issues of Colonial Studies IX.)
  • 発表者:北村嘉恵
    タイトル:「霧社事件をめぐる歴史叙述・歴史認識」
    (Reflectons on the historiography of the Musha Incident in Colonial Taiwan)
    場所:同志社大学・人文科学研究所

  • DOSC Seminar 30.: 植民地の支配者社会 VI. 2009年8月1日③ Colonial Communities VI.
  • 日時:2009年8月1日(土曜日) 15:30 ~ 17:30
    発表者:木村健二
    タイトル:「在朝日本人の生活と異文化認識」

  • DOSC Seminar 26.: 人種主義・植民地主義・多文化主義のポリティクス II. 2009年6月27日②(Racism, Colonialism, and the Politics of Multiculturalism II.)
  • 日時: 2009年6月27日(土)

    発表者:テッサ・モーリス-スズキ(Tessa Morris-Suzuki)

    タイトル:「日本の植民地主義、移民、外人恐怖症」
               (Colonialism, Migration, and Fear of the Foreign in Japan’)

    場所:同志社大学

    主催:オーストラリア学会 / 共催:人文科学研究所・現代アジアセンター(同志社大学)

  • DOSC Seminar 23.: 植民地の支配者社会 II. 2009年4月18日② (Colonial Communities II.)
  • 日時:2009418日(土曜日) 1630 ~ 1830

    発表者:坂野徹

    タイトル:「日本の混血研究戦前・戦後の連続性を考える」

    場所:同志社大学人文科学研究所

  • DOSC Seminar 17.:帝国支配下における民族的主体形成 II. 2008年11月1日
  • 発表者:洪宗郁(同志社大学)

    タイトル:「解放前後における主体形成の企て―朝鮮社会主義者の「転向」を中心に―」

    場所:同志社大学人文科学研究所

  • DOSC Seminar 16.:帝国支配下における民族的主体形成 I. 2008年10月28日
  • タイトル:「ポストコロニアル民族主義とその運命:

          日帝と米帝のはざまで」 

    発表者:藤井たけし氏(Takeshi Fujii)(韓国・歴史問題研究所研究員)

    場所:同志社大学・新町キャンパス、臨光館R208

  • DOSC Seminar 15. 「植民地近代性」をめぐる諸議論 2008年9月20日 (Debates over ‘Colonial Modernity’) 

  • 発表者:板垣竜太(Ryūta Itagaki)・水谷智(Satoshi Mizutani

    タイトル:「朝鮮史における<植民地近代性>論の可能性と限界:

    サバルタン研究をめぐる論争も参照しながら」

    The Prospects and Limits of the Idea of ‘Colonial

    Modernity’ in the Context ofKorea under Japanese Rule:

    in Reference to the Debates over Subaltern Studies

    場所:同志社大学・クラーク記念館

  • DOSC Seminar 15. 「植民地近代性」をめぐる諸議論 2008年9月20日 (Debates over ‘Colonial Modernity’) 

  • 発表者:板垣竜太(Ryūta Itagaki)・水谷智(Satoshi Mizutani

    タイトル:「朝鮮史における<植民地近代性>論の可能性と限界:

    サバルタン研究をめぐる論争も参照しながら」

    The Prospects and Limits of the Idea of ‘Colonial

    Modernity’ in the Context ofKorea under Japanese Rule:

    in Reference to the Debates over Subaltern Studies

    場所:同志社大学・クラーク記念館

  • DOSC Seminar 11.:植民地支配と官僚制 II. 2008年7月5日② (Colonial Rule and the Beuracratic System II.)
  • タイトル:「帝国日本における官僚制と植民地支配      

          -朝鮮・台湾を事例として」

               (The Beuraucratic System and Colonial Rule 

                in the Japanese Empire:

                the Case of Korea / Taiwan)  

    発表者:岡本真希子 (Makiko Okamoto)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

    参考資料:岡本真希子『植民地官僚の政治史』(三元社、2008

  • DOSC Seminar 9.:植民地支配と<伝統>の創造 III. 2008年04月13日(Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ III.)
  • タイトル:「植民地期朝鮮のハングル運動の展開とその性格」

             (The Evolution of the Hangul Movement in

              Colonial Korea and Its Characteristics) 

    発表者:三ツ井崇 (Takashi Mitsui)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

  • DOSC Seminar 9.:植民地支配と<伝統>の創造 III. 2008年04月13日(Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ III.)
  • タイトル:「植民地期朝鮮のハングル運動の展開とその性格」

             (The Evolution of the Hangul Movement in

              Colonial Korea and Its Characteristics) 

    発表者:三ツ井崇 (Takashi Mitsui)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

  • DOSC Seminar 8.:植民地支配と<伝統>の創造 II. 2008年04月12日②(Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ II.)
  • タイトル:「T.S.エリオット『伝統』論の

                帝国日本/植民地朝鮮における変容」

                (The Changing Reception of T. S. Eliot’s Idea of 

                 Tradition in Impeiral Japan / Colonial Korea) 

    発表者:三原芳秋 (Yoshiaki Mihara)

    場所:同志社大学・人文科学研究所 

    参考文献:三原芳秋、「崔載瑞のOrder

  • DOSC Seminar 8.:植民地支配と<伝統>の創造 II. 2008年04月12日②(Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ II.)
  • タイトル:「T.S.エリオット『伝統』論の

                帝国日本/植民地朝鮮における変容」

                (The Changing Reception of T. S. Eliot’s Idea of 

                 Tradition in Impeiral Japan / Colonial Korea) 

    発表者:三原芳秋 (Yoshiaki Mihara)

    場所:同志社大学・人文科学研究所 

    参考文献:三原芳秋、「崔載瑞のOrder

  • DOSC Seminar 2.:植民地主義研究の現状と課題 II. 2007年6月30日 (The Current Situation and Issues of Colonial Studies II.)
  • タイトル:「日本植民地研究の現在―その広がりを捉えるために―」

    報告者:戸邊秀明

    場所:同志社大学・人文科学研究所

All copyright reserved dosc  ログイン メンバー専用