dosc
  • DOSC Seminar 42.: <比較>と<関係性>I. 2010年12月5日①(Comparison and Relationality I.)
  • 報告者:水谷智

    タイトル:「<比較>と<関係性>からみた植民政策論:

    東郷實の英領インド教育政策観を中心に」

    コメンテーター:駒込武

    場所:同志社大学・渓水館

  • DOSC Seminar 37.: 「ユーラアフリカ」の思想. 2010年4月10日②(The Idea of Eurafrica)
  • 発表者:平野千果子

    タイトル:「フランス植民地帝国再編の試み―ユーラフリカからフランス語圏へ―」

    場所:同志社大学人文科学研究所

  • DOSC Seminar 34.:社会思想における人種主義 2010年1月9日① The Idea of Race in Social Philosophy
  • 発表者:長谷川一年

    タイトル:「19世紀フランスのナショナル・アイデンティティ」

    (The discourse of national identity in 19C France)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

  • DOSC Seminar 32.: オリエンタリストとナショナリスト:アンコール・ワットをめぐって II. 2009年10月24日② Orientalists and Nationalists over Angkor Wat II.
  • 日時:2009年10月24日(土曜日) 17:00 ~ 19:30
    発表者:藤原貞朗   司会・問題提起:永渕康之
    タイトル: 「『オリエンタリストの憂鬱』以後
                     〜これからのアンコール遺跡の調査・研究のために〜」

  • DOSC Seminar 31.: オリエンタリストとナショナリスト:アンコール・ワットをめぐって I. 2009年10月24日① Orientalists and Nationalists over Angkor Wat I.
  • 日時:2009年10月24日(土曜日) 14:00 ~ 16:30
    発表者:笹川秀夫  司会・問題提起:永渕康之
    タイトル:「近現代のカンボジアにおける国民文化の形成過程:
          改革派僧侶にとっての仏教、言語、文化遺産」

  • DOSC Seminar 21.: 植民地支配と教育 III. 2009年1月18日(Colonial Rule and Education III.)
  • 日時:2009年1月18日(日曜日)
    発表者:杉山佳子(Yoshiko Sugiyama)
    タイトル:「フランス保護領チュニジアにおける学校:
    言語・宗教・地域社会」
    (Schools in Tunisia under French Protectorate
    Rule: Language, Religion, and Local Community)

  • DOSC Seminar 6.:植民地主義研究の現状と課題 VI. 2007年9月21日(The Current Situation and Issues of Colonial Studies VI.)
  • タイトル:「交錯する歴史、すれ違うまなざし

          -フランス植民地帝国と同化、共和国、移民-」

                           (Intersecting Histories, Divergent Views:

                            the French Colonial Empire and

                            Assimilation, the Republic, and Immigration)

     発表者:平野千果子 (Chikako Hirano)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

     

  • DOSC Seminar 4.:植民地主義研究の現状と課題 IV. 2007年7月1日②(The Current Situation and Issues of Colonial Studies IV.)
  • タイトル:「『帝国国家』と近代世界:支配と抵抗の多様性と限界」

    報告者:水谷智(同志社大学)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

    関連資料:F. Cooper, Colonialism in Question (California UP, 2005) 

  • DOSC Seminar 1.:植民地主義研究の現状と課題 I. 2007年4月15日 (The Current Situation and Issues of Colonial Studies I.)
  • タイトル:「植民地主義研究の歴史と今後の展開に関する考察」

    報告者:水谷智(同志社大学)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

    関連資料:F. Cooper, Colonialism in Question (California UP, 2005) 

    [Satoshi Mizutani, Reflections on the History and Future of Colonial Studies]

All copyright reserved dosc  ログイン メンバー専用