dosc
  • DOSC Seminar 44.: <比較>と<関係性>I. 2011年2月23日①(Comparison and Relationality III.)
  • タイトル:「矢内原忠雄の植民政策論とシオニズム」
    報告者:役重善洋
    日時:2011年2月23日
    場所:同志社大学人文科学研究所

  • DOSC Seminar 42.: <比較>と<関係性>I. 2010年12月5日①(Comparison and Relationality I.)
  • 報告者:水谷智

    タイトル:「<比較>と<関係性>からみた植民政策論:

    東郷實の英領インド教育政策観を中心に」

    コメンテーター:駒込武

    場所:同志社大学・渓水館

  • DOSC Seminar 39.: 植民地責任論 I. 2010年7月31日(Debates on ‘Colonial Responsibility’ I.)
  • 発表日:2010年7月31日(土曜日)

    発表者:太田修(Ota Osamu)

    タイトル:「二つの講和条約と初期日韓国交正常化交渉における植民地主義」

    (Two Peace Treaties and Colonialism in the Early Phase of

    Japan-Korea Normalization Negotiations)

    場所:同志社大学人文科学研究所

  • DOSC Seminar 39.: 植民地責任論 I. 2010年7月31日(Debates on ‘Colonial Responsibility’ I.)
  • 発表日:2010年7月31日(土曜日)

    発表者:太田修(Ota Osamu)

    タイトル:「二つの講和条約と初期日韓国交正常化交渉における植民地主義」

    (Two Peace Treaties and Colonialism in the Early Phase of

    Japan-Korea Normalization Negotiations)

    場所:同志社大学人文科学研究所

  • DOSC Seminar 36.: 植民地主義研究の現状と課題 X. 2010年4月10日①(The Current Situation and Issues of Colonial Studies X.)
  • 発表者:峯陽一

    タイトル:「南アフリカの史学史―リベラル・ラディカル論争を超えて?」

    (The Historiography of South Africa―Beyond the Liberal-Radical Controversy?)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

  • DOSC Seminar 29.: 植民地の支配者社会 V. 2009年8月1日② Colonial Communities V.
  • 発表者:水谷智

    タイトル:「イギリス帝国の人種秩序と植民地インドの白人系「孤児」:

    ジョン・グラハムの教育事業と混血・階級・定住」

  • DOSC Seminar 15. 「植民地近代性」をめぐる諸議論 2008年9月20日 (Debates over ‘Colonial Modernity’) 

  • 発表者:板垣竜太(Ryūta Itagaki)・水谷智(Satoshi Mizutani

    タイトル:「朝鮮史における<植民地近代性>論の可能性と限界:

    サバルタン研究をめぐる論争も参照しながら」

    The Prospects and Limits of the Idea of ‘Colonial

    Modernity’ in the Context ofKorea under Japanese Rule:

    in Reference to the Debates over Subaltern Studies

    場所:同志社大学・クラーク記念館

  • DOSC Seminar 15. 「植民地近代性」をめぐる諸議論 2008年9月20日 (Debates over ‘Colonial Modernity’) 

  • 発表者:板垣竜太(Ryūta Itagaki)・水谷智(Satoshi Mizutani

    タイトル:「朝鮮史における<植民地近代性>論の可能性と限界:

    サバルタン研究をめぐる論争も参照しながら」

    The Prospects and Limits of the Idea of ‘Colonial

    Modernity’ in the Context ofKorea under Japanese Rule:

    in Reference to the Debates over Subaltern Studies

    場所:同志社大学・クラーク記念館

  • DOSC Seminar 10.:植民地支配と官僚制 I.  2008年7月5日① (Colonial Rule and the Bureaucratic System I.)
  • タイトル:「イギリス帝国における官僚制と植民地支配:

               インドの事例」

               (The Bureaucratic System and Colonial Rule

               in the British Empire: the Case of India)

    発表者:水谷智 (Satoshi Mizutani)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

  • DOSC Seminar 8.:植民地支配と<伝統>の創造 II. 2008年04月12日②(Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ II.)
  • タイトル:「T.S.エリオット『伝統』論の

                帝国日本/植民地朝鮮における変容」

                (The Changing Reception of T. S. Eliot’s Idea of 

                 Tradition in Impeiral Japan / Colonial Korea) 

    発表者:三原芳秋 (Yoshiaki Mihara)

    場所:同志社大学・人文科学研究所 

    参考文献:三原芳秋、「崔載瑞のOrder

  • DOSC Seminar 8.:植民地支配と<伝統>の創造 II. 2008年04月12日②(Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ II.)
  • タイトル:「T.S.エリオット『伝統』論の

                帝国日本/植民地朝鮮における変容」

                (The Changing Reception of T. S. Eliot’s Idea of 

                 Tradition in Impeiral Japan / Colonial Korea) 

    発表者:三原芳秋 (Yoshiaki Mihara)

    場所:同志社大学・人文科学研究所 

    参考文献:三原芳秋、「崔載瑞のOrder

  • DOSC Seminar 4.:植民地主義研究の現状と課題 IV. 2007年7月1日②(The Current Situation and Issues of Colonial Studies IV.)
  • タイトル:「『帝国国家』と近代世界:支配と抵抗の多様性と限界」

    報告者:水谷智(同志社大学)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

    関連資料:F. Cooper, Colonialism in Question (California UP, 2005) 

  • DOSC Seminar 1.:植民地主義研究の現状と課題 I. 2007年4月15日 (The Current Situation and Issues of Colonial Studies I.)
  • タイトル:「植民地主義研究の歴史と今後の展開に関する考察」

    報告者:水谷智(同志社大学)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

    関連資料:F. Cooper, Colonialism in Question (California UP, 2005) 

    [Satoshi Mizutani, Reflections on the History and Future of Colonial Studies]

All copyright reserved dosc  ログイン メンバー専用