dosc
  • Publications by DOSC Members No. 64. 三ツ井崇 (2010)
  • gdosch1292817006.jpg

    三ツ井崇『朝鮮植民地支配と言語』(明石書店、2010年)
    ISBN: 978-4750333182 本体5,700円 +税

  • Publications by DOSC Members No. 55. 板垣竜太、洪宗郁、三ツ井崇(2009)
  • gdosch1265283858.jpg

     

    油谷幸利先生還暦記念論文集刊行委員会(編)『朝鮮半島のことばと社会―油谷幸利先生還暦記念論文集』(明石書店、2009年)ISBN 978-4-7503-3089-1、15,000円+税

    板垣竜太「戦時体制下ソウルの職工日記(1941年)について」、pp.558-593洪宗郁「植民地朝鮮の「転向」に関する序説」、pp.618-48三ツ井崇「没主体的「東洋」像の形成―近代日本における東洋史学の形成と「言語」「地理」言説」、pp.649-78

  • Publications by DOSC Members No. 44. 三ツ井崇(2009)
  • gdosch1260083207.jpg

    三ツ井崇「「言語問題」からみた朝鮮近代史」、pp.285-306
    『中国21』(東方書店)、vol.31(2009年)
    ISSN 1342-8241、2000円+税

  • Books by DOSC Members No. 25. 戸邊秀明/三ツ井崇(2008) 
  • gdosch1218785462.jpg

    日本植民地研究会編『日本植民地研究の現状と課題』(アテネ社、2008年)

    ISBN 978-4-900841-42-0 本体¥3,600

    戸邊秀明、第二章「ポストコロニアリズムと帝国史研究」、pp.55-88

    三ツ井崇 、第三章「朝鮮」、pp.91-119

    日本植民地研究会のHPに掲載の詳細はこちら。 

  • Books by DOSC Members ⑦ 板垣竜太/三ツ井崇(2007)
  • 板垣・三ツ井(2007).jpg

    田中宏、板垣竜太 編

    『日韓 新たな始まりのための20章』(岩波書店、2007年)

    定価1700円 ISBN 978-4-00-024244-8

    板垣竜太「<嫌韓流>の解剖ツール」(pp.2-15)

    板垣竜太「日本人と朝鮮人は平等だったか」(pp.38-43)

    三ツ井崇「日本人はハングルを広めたか」(pp.44-9)

    【岩波書店による詳細説明はこちら

    【 呉仲元氏(龍谷大学経済学研究科)

    による書評はこちら。】

All copyright reserved dosc  ログイン メンバー専用