dosc
  • DOSC Seminar 50.:植民地主義と政治参加 V.2011年6月5日②(Colonialism and the Political Sphere V.)
  • 報告:
    李承機(台湾・国立成功大學台湾文学系副教授)
    「植民地台湾社会のコントロールと心性-社会新聞に現れた公衆世論と道徳観」
    (「殖民地台灣的社會控制與心性:社會新聞中所呈現的公眾輿論與道德觀」)

    コメント:
    水野直樹
    (日本・京都大学人文科学研究所教授)

    2011年6月5日(土)10:35~11:55 於:同志社大学 渓水館会議室

    [2011年DOSC+国立成功大學大學共同ワークショップ]

  • DOSC Seminar 33.: 植民地主義研究の現状と課題 VIII. 2009年10月25日(The Current Situation and Issues of Colonial Studies VIII.)
  • 日時:2009年10月25日(日曜日) 10:00 ~ 12:00
    発表者:朴美貞   司会・コメンテーター:三ツ井崇
    タイトル:「朝鮮博覧会(1929)と京城の空間形成―植民地近代性の論点から」

  • DOSC Seminar 15. 「植民地近代性」をめぐる諸議論 2008年9月20日 (Debates over ‘Colonial Modernity’) 

  • 発表者:板垣竜太(Ryūta Itagaki)・水谷智(Satoshi Mizutani

    タイトル:「朝鮮史における<植民地近代性>論の可能性と限界:

    サバルタン研究をめぐる論争も参照しながら」

    The Prospects and Limits of the Idea of ‘Colonial

    Modernity’ in the Context ofKorea under Japanese Rule:

    in Reference to the Debates over Subaltern Studies

    場所:同志社大学・クラーク記念館

  • DOSC Seminar 15. 「植民地近代性」をめぐる諸議論 2008年9月20日 (Debates over ‘Colonial Modernity’) 

  • 発表者:板垣竜太(Ryūta Itagaki)・水谷智(Satoshi Mizutani

    タイトル:「朝鮮史における<植民地近代性>論の可能性と限界:

    サバルタン研究をめぐる論争も参照しながら」

    The Prospects and Limits of the Idea of ‘Colonial

    Modernity’ in the Context ofKorea under Japanese Rule:

    in Reference to the Debates over Subaltern Studies

    場所:同志社大学・クラーク記念館

  • DOSC Seminar 9.:植民地支配と<伝統>の創造 III. 2008年04月13日(Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ III.)
  • タイトル:「植民地期朝鮮のハングル運動の展開とその性格」

             (The Evolution of the Hangul Movement in

              Colonial Korea and Its Characteristics) 

    発表者:三ツ井崇 (Takashi Mitsui)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

  • DOSC Seminar 9.:植民地支配と<伝統>の創造 III. 2008年04月13日(Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ III.)
  • タイトル:「植民地期朝鮮のハングル運動の展開とその性格」

             (The Evolution of the Hangul Movement in

              Colonial Korea and Its Characteristics) 

    発表者:三ツ井崇 (Takashi Mitsui)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

  • DOSC Seminar 3.:植民地主義研究の現状と課題 III. 2007年7月1日①(The Current Situation and Issues of Colonial Studies III.)
  • タイトル:「植民地主義と近代:朝鮮史における論点整理」

     発表者:板垣竜太 

    場所:同志社大学・人文科学研究所

     

All copyright reserved dosc  ログイン メンバー専用