dosc
  • DOSC Seminar 44.: <比較>と<関係性>I. 2011年2月23日①(Comparison and Relationality III.)
  • タイトル:「矢内原忠雄の植民政策論とシオニズム」
    報告者:役重善洋
    日時:2011年2月23日
    場所:同志社大学人文科学研究所

  • DOSC Seminar 36.: 植民地主義研究の現状と課題 X. 2010年4月10日①(The Current Situation and Issues of Colonial Studies X.)
  • 発表者:峯陽一

    タイトル:「南アフリカの史学史―リベラル・ラディカル論争を超えて?」

    (The Historiography of South Africa―Beyond the Liberal-Radical Controversy?)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

  • DOSC Seminar 35.: 植民地主義研究の現状と課題 IX. 2010年1月9日②(The Current Situation and Issues of Colonial Studies IX.)
  • 発表者:北村嘉恵
    タイトル:「霧社事件をめぐる歴史叙述・歴史認識」
    (Reflectons on the historiography of the Musha Incident in Colonial Taiwan)
    場所:同志社大学・人文科学研究所

  • DOSC Seminar 23.: 植民地の支配者社会 II. 2009年4月18日② (Colonial Communities II.)
  • 日時:2009418日(土曜日) 1630 ~ 1830

    発表者:坂野徹

    タイトル:「日本の混血研究戦前・戦後の連続性を考える」

    場所:同志社大学人文科学研究所

  • DOSC Seminar 15. 「植民地近代性」をめぐる諸議論 2008年9月20日 (Debates over ‘Colonial Modernity’) 

  • 発表者:板垣竜太(Ryūta Itagaki)・水谷智(Satoshi Mizutani

    タイトル:「朝鮮史における<植民地近代性>論の可能性と限界:

    サバルタン研究をめぐる論争も参照しながら」

    The Prospects and Limits of the Idea of ‘Colonial

    Modernity’ in the Context ofKorea under Japanese Rule:

    in Reference to the Debates over Subaltern Studies

    場所:同志社大学・クラーク記念館

  • DOSC Seminar 15. 「植民地近代性」をめぐる諸議論 2008年9月20日 (Debates over ‘Colonial Modernity’) 

  • 発表者:板垣竜太(Ryūta Itagaki)・水谷智(Satoshi Mizutani

    タイトル:「朝鮮史における<植民地近代性>論の可能性と限界:

    サバルタン研究をめぐる論争も参照しながら」

    The Prospects and Limits of the Idea of ‘Colonial

    Modernity’ in the Context ofKorea under Japanese Rule:

    in Reference to the Debates over Subaltern Studies

    場所:同志社大学・クラーク記念館

  • DOSC Seminar 5.:植民地主義研究の現状と課題 V. 2007年9月20日(The Current Situation and Issues of Colonial Studies V.)
  • タイトル:「人類学における植民地研究」

    発表者:永渕康之

    場所:同志社大学・人文科学研究所 

  • DOSC Seminar 4.:植民地主義研究の現状と課題 IV. 2007年7月1日②(The Current Situation and Issues of Colonial Studies IV.)
  • タイトル:「『帝国国家』と近代世界:支配と抵抗の多様性と限界」

    報告者:水谷智(同志社大学)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

    関連資料:F. Cooper, Colonialism in Question (California UP, 2005) 

  • DOSC Seminar 3.:植民地主義研究の現状と課題 III. 2007年7月1日①(The Current Situation and Issues of Colonial Studies III.)
  • タイトル:「植民地主義と近代:朝鮮史における論点整理」

     発表者:板垣竜太 

    場所:同志社大学・人文科学研究所

     

  • DOSC Seminar 2.:植民地主義研究の現状と課題 II. 2007年6月30日 (The Current Situation and Issues of Colonial Studies II.)
  • タイトル:「日本植民地研究の現在―その広がりを捉えるために―」

    報告者:戸邊秀明

    場所:同志社大学・人文科学研究所

  • DOSC Seminar 1.:植民地主義研究の現状と課題 I. 2007年4月15日 (The Current Situation and Issues of Colonial Studies I.)
  • タイトル:「植民地主義研究の歴史と今後の展開に関する考察」

    報告者:水谷智(同志社大学)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

    関連資料:F. Cooper, Colonialism in Question (California UP, 2005) 

    [Satoshi Mizutani, Reflections on the History and Future of Colonial Studies]

All copyright reserved dosc  ログイン メンバー専用