dosc
  • DOSC Seminar 35.: 植民地主義研究の現状と課題 IX. 2010年1月9日②(The Current Situation and Issues of Colonial Studies IX.)
  • 発表者:北村嘉恵
    タイトル:「霧社事件をめぐる歴史叙述・歴史認識」
    (Reflectons on the historiography of the Musha Incident in Colonial Taiwan)
    場所:同志社大学・人文科学研究所

  • DOSC Seminar 9.:植民地支配と<伝統>の創造 III. 2008年04月13日(Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ III.)
  • タイトル:「植民地期朝鮮のハングル運動の展開とその性格」

             (The Evolution of the Hangul Movement in

              Colonial Korea and Its Characteristics) 

    発表者:三ツ井崇 (Takashi Mitsui)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

  • DOSC Seminar 9.:植民地支配と<伝統>の創造 III. 2008年04月13日(Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ III.)
  • タイトル:「植民地期朝鮮のハングル運動の展開とその性格」

             (The Evolution of the Hangul Movement in

              Colonial Korea and Its Characteristics) 

    発表者:三ツ井崇 (Takashi Mitsui)

    場所:同志社大学・人文科学研究所

  • DOSC Seminar 8.:植民地支配と<伝統>の創造 II. 2008年04月12日②(Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ II.)
  • タイトル:「T.S.エリオット『伝統』論の

                帝国日本/植民地朝鮮における変容」

                (The Changing Reception of T. S. Eliot’s Idea of 

                 Tradition in Impeiral Japan / Colonial Korea) 

    発表者:三原芳秋 (Yoshiaki Mihara)

    場所:同志社大学・人文科学研究所 

    参考文献:三原芳秋、「崔載瑞のOrder

  • DOSC Seminar 8.:植民地支配と<伝統>の創造 II. 2008年04月12日②(Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ II.)
  • タイトル:「T.S.エリオット『伝統』論の

                帝国日本/植民地朝鮮における変容」

                (The Changing Reception of T. S. Eliot’s Idea of 

                 Tradition in Impeiral Japan / Colonial Korea) 

    発表者:三原芳秋 (Yoshiaki Mihara)

    場所:同志社大学・人文科学研究所 

    参考文献:三原芳秋、「崔載瑞のOrder

  • DOSC Seminar 7.:植民地支配と<伝統>の創造 I. 2008年04月12日① (Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ I.)
  • タイトル:「植民地主義と<伝統>の創造:

          英領インドにおける「寡婦殉死」をめぐる言説」 

    発表者:水谷智 

    場所:同志社大学・人文科学研究所

    参考資料:Lata Mani, Contentious Traditions (California UP, 1998)

     

  • DOSC Seminar 7.:植民地支配と<伝統>の創造 I. 2008年04月12日① (Colonial Rule and the Invention of ‘Tradition’ I.)
  • タイトル:「植民地主義と<伝統>の創造:

          英領インドにおける「寡婦殉死」をめぐる言説」 

    発表者:水谷智 

    場所:同志社大学・人文科学研究所

    参考資料:Lata Mani, Contentious Traditions (California UP, 1998)

     

All copyright reserved dosc  ログイン メンバー専用